このページを印刷

長寿医療制度(後期高齢者医療制度)の加入

長寿医療制度(後期高齢者医療制度)とは??

長寿医療制度とは、現役世代と高齢者の負担を明確にし、公平でわかりやすい制度とするため、75歳以上の方を対象した新しい制度です。
なお、長寿医療に係る費用は、各医療保険制度(国民健康保険、健康保険など)4割と国・都道府県・市町村による負担(公費)5割と被保険者の方からの負担(保険料)1割により賄われています。

長寿医療制度

長寿医療(後期高齢者医療)の対象となる方

175歳以上の方
265歳以上75歳未満で一定の障害があり、後期高齢者医療広域連合の認定を受けた方

※ 適用除外
・生活保護法による保護を受けている世帯に属する方
・日本の国籍を有しない方であって、入管法に定める在留資格を有さない方

被保険者証(保険証)

後期高齢者医療広域連合からひとり一人に後期高齢者医療被保険者証が交付されます。
平成20年4月以降に75歳の誕生日を迎えられる方は、誕生日の前月中にお住まいの市区町村の長寿医療担当窓口から、後期高齢者医療被保険者証が送付されます。
なお、65歳以上75歳未満で一定の障害のある方は、お住まいの市区町村の長寿医療担当窓口へ申請を行い、後期高齢者医療広域連合からの認定を受ける必要がありますので、詳しくはお住まいの市区町村の長寿医療担当窓口へお問い合わせください。

一般の皆様へ(被保険者)

ページのトップへ