このページを印刷

70歳代前半の被保険者等に係る一部負担金等の軽減特例措置の見直し等について

■医療費の窓口負担の見直し

 70歳から74歳の方の窓口負担は、平成18年の法改正により平成20年4月から2割とされていますが、特例措置でこれまで1割とされていました。
 しかし、この特例措置により70歳から74歳の方の負担が前後の世代に比べ低くなるという状況があり、より公平な仕組みとするため、平成26年度から見直されました。
 見直しに当たっては、高齢の方の生活に大きな影響が生じることのないよう、

(1) 平成26年4月以降新たに70歳に達する方(69歳まで3割負担だった方)から2割とし、既に70歳になっている方は1割に据え置く。
(2) 月ごとの負担限度額を定める高額療養費について、特例措置により低く設定していたこれまでの負担限度額を据え置く。

こととなりました。具体的な見直し内容は以下のとおりです。

 

70歳代前半の被保険者等に係る一部負担金等の軽減特例措置の見直し等について

 

※画像をクリックすると、PDFファイルが開きます。

ページのトップへ