このページを印刷

特定健診未受診者の医療情報収集事業について

1.事業目的

本事業は、生活習慣病等で治療中の被保険者に特定健診未受診者が多いことに着目し、医療機関が保有している未受診者の検査結果データを特定健診データとして収集・集積することにより、福岡県内の国保保険者における特定健診の受診率の向上及び保健指導の充実並びに糖尿病性腎症重症化予防対策の取組強化に資することを目的とするものです。

2.事業概要

生活習慣病等治療中で特定健診未受診者の方で、時間的余裕がないなどの理由により特定健診の受診ができない被保険者について、医療機関が保有する検査結果情報の提供を被保険者の同意が得られた場合に、情報提供票等(情報提供票・質問票兼同意書)を国保連合会を通し、国保保険者に提出していただくことで特定健診を受診したとみなし特定健診データとして収集いたします。

情報提供票等の作成・提供にあたり保険者から国保連合会を通じて情報提供料が医療機関へ支払われます。

 

3.各種様式

情報提供票等送付書を掲載しておりますので、ダウンロードのうえご使用ください。

 

提出用電子媒体に添付するラベルの記載方法pdf情報提供票等送付書(ファイルサイズ:161KB) 

 

  • お問い合わせ先

福岡県国民健康保険団体連合会 事業振興課 事業振興係

TEL:092-642-7809(直通) FAX:092-642-7853

ページのトップへ